編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


モデルになるためには

投稿:モデルになるためには  
通報 ウォッチ 6 0

雑誌やテレビに出演しているモデルは、輝いていて憧れますよね。

コンテストやオーデイションに応募して参加することも大事ですが、モデルになるためには、必要なスキルと適性があります。

何が必要なのか紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。


■求められる要素


1.美しい体型を保つこと

昔は極端に痩せている方が良いとされていましたが、最近では健康的な体型が重要視されています。健康的な体型を維持するためには努力しなければなりません。

20代は体型が変化していくので、体の管理をしておく必要があります。毎日体のメンテナンスをして、美しい体型を維持しましょう。

 

2.表情のバリエーションがある

写真や言葉なしで喜怒哀楽を表して伝えることが重要とされます。表情が豊かでなければ優秀なモデルとして認識されません。様々な表情を表せることができることができると、立派なモデルとして活躍できます。

喜怒哀楽の表情を基本的に作れるように努力し、様々な演出に対応できるように備えておきましょう。


■モデルに向いている人


モデルの仕事は人から注目を集める仕事であり、人の心に惹きつけることができることが重要です。どのようなスキルを持っているとモデルになれるのか紹介します。

 

◎人に注目されることが好き

モデルは人から注目されることが一番大切です。商品の宣伝をするので、消費者にその商品のイメージを与えることになります。人に注目されるように努力できる人には向いています。

注目されることはネガティブなものと思う人もいますが、モデルにとっては自分に注目してほしい気持ちがとても大切です。自分に自信があり、人から注目を浴びたい人にはモデルの仕事を務められるでしょう。

 

◎度胸がある

モデルの仕事は、スタジオでの撮影場所ばかりではありません。屋外で撮影することもあるので、撮影しているところを他者からも見えて、注目を集めてしまうことがあります。スタジオでは表情を作ることができても、屋外で表情が作れないと撮影ができない場合があります。そのため、どのような状況になっても堂々として、求められているパフォーマンスができることがモデルには必要です。 

 

◎自分磨きをする

モデルは人に見られる仕事なので、常に自分磨きしておくことが大事です。自分磨きが好きで、美意識高めの人はモデルの仕事に向いています。どんな服でも着こなせるセンスが必要なので、体型はキープしておきましょう。

人から見られている仕事なので、それを理解して仕事に取り組むことができる人は向いています。


■モデルの適性


モデルを志望していなくても、適性があるとモデルになることも視野に入れることも可能です。


 ◎スタイル抜群

モデルはスタイルが良いことが条件のひとつなので、スタイル抜群だとモデルに向いていると言えます。美しいスタイルは努力をすれば保つことができますが、努力をしてもできない場合があります。そのため、整形する人もいますが、知名度が高くなると、整形したことを触れられるリスクが高くなります。自分の心の傷が深くなる可能性があるので、美しいスタイルを持っていて、体型をキープできる人がモデルに向いているでしょう。

 

◎高身長

モデルは身長が高い方が仕事の幅が広がります。身長が低くてもモデルとして活躍できますが、仕事の範囲が狭く、雑誌以外の仕事が少ない可能性があります。

女性なら165cm以上、男性なら180cmの身長があるとモデルに向いています。

身長が高いと日本以外に海外からの仕事もできるので、世界を跨ぐことも可能です。

身長は生まれ持った才能なので、条件に合っているならモデル業の視野を入れるのも可能です。


◎朝早起きが得意

モデルは芸能界と別で、早朝の仕事になります。知名度が高いモデルになると、早朝から撮影することになります。朝から夕方まで、様々なジャンルの服を着て仕事することもあるので、早く起きられるのはとても大切になります。

早起きが苦手で遅刻してしまうと、次の仕事をもらえないことになります。自己管理がとても重要なので、生活習慣を整えておきましょう。

 

◎英会話ができる

もし、海外でモデルの仕事をする場合、英語が話せると役に立ちます。世界中でモデルとして活躍している人は言語能力も磨き、英語は話すことができます。英語だけでも勉強して会話ができるようになると、モデルの活動が有利になります。


 ■モデルのスクールに通う


モデルの養成スクールは、モデルになるためには必須です。例えば、大手芸能事務所からモデルとしてスカウトされても養成スクールに通わなければなりません。スカウトされると、事務所が費用を負担してくれます。


スクールを卒業すると、モデルの事務所に所属できることが多いので、養成スクールに通う方が良いでしょう。


養成スクールでは、ポージングやウォーキングを学びます。


ポージングは様々なバリエーションがあり、自分の個性を引き出す方法を考えていきます。ポージングで仕事の範囲が広く可能性があります。


ウォーキングは、ファッションショーに出演することもあるので、美しく見える歩き方や正しい歩き方など基本的なところから学べます。プロのモデルが講師となって教えてくれるので、経験したことなど直接聞くこともできます。


 ■モデルの仕事


モデルは、企業の商品の広告塔になって活躍します。


ファッションやヘアメイクの雑誌、CMなど実際商品を着用しているものの魅力をアピールします。


その他には「手」や「足」の体の一部だけ魅せるパーツモデルもありあす。


学生や会社員として働きながら撮影に参加する読者モデルは近年増えています。

 

企業が商品を消費者に広めるために、その商品のイメージに合うモデルに仕事を依頼し、さらにデザイナーやカメラマンなどにも相談して魅力的な世界観を作り上げていきます。


モデルは商品を実際に使用したり、身に着けるなどをして商品の魅力をアピールします。


モデルの知名度によって業務内容が変わります。そのため、モデルは個性を磨きSNSなどを利用して情報発信をしています。

 

また、私服や化粧品、ダイエット方法、食事などを公開して世間に自分をアピールして、さらに企業の営業活動の役目ともなります。


★心身ケアも必要


仕事で多忙であっても、心身のケア時間も大事です。


栄養バランスが良い食事、ランニングや水泳などの運動、睡眠時間を確保して努力しましょう。美しい体型維持するため、健康も維持しなければなりません。


美意識を高めるために、美容院やサロンに通うことも必要になります。


さらに、人間性の感性を磨くために美術館や映画鑑賞したり、旅行したりする人もいます。


外見と内面のケアを行うことはモデルにとって仕事の一部でもあるので、オフの時間を利用して自分磨きを行いましょう。


■まとめ


モデルになるためには、スキルと適性が必要です。


女性は165cm、男性は180cmで健康的な体型の人はモデル業も視野に入れても良いでしょう。身長が高い方が、日本だけではなく海外でも仕事の幅が広がります。


また、体型だけではなく、心のメンタルケアも整える必要があります。


様々なトレーニングを行って、自分磨きをしてモデルの仕事に取り組みましょう。




コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!