編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


劇団女優になるためには何をすればいい?劇団女優になる方法と必要な資金を紹介

投稿:劇団女優になるためには何をすればいい?劇団女優になる方法と必要な資金を紹介  
通報 ウォッチ 8 0

劇団女優を目指している方の中には、

劇団女優ってどうすればなれるの?

「芸能事務所や養成所へ所属する以外で、劇団女優になる方法はないのかな?」

など、劇団女優になるための手段で迷っている方も多いようです。

また、早く劇団女優として活躍したいと考えている方は、どの方法が早く劇団女優として活躍できるか?ということも気になりますよね。

そこで、ここでは

  • 劇団女優になる方法
  • 劇団女優に必要なスキル
  • 劇団女優をなるまでに必要な資金

などについて紹介していきますので、これから劇団女優を目指すぞ!という方は参考にしてください。


劇団女優になるにはどうすればいい?

劇団女優になる手段は以下の通りです。

  • 養成所に入る
  • 専門学校へ行く
  • 劇団に入る
  • 芸能事務所に所属する
  • スカウトを受ける

それぞれ詳しく見ていきましょう。


①養成所に入る


養成所へ入るには、まず養成所のオーディションを受け、合格する必要があります。


無事オーディションに合格し、入所後したら1年~2年間、舞台女優になるために必要な基礎知識をや、レッスンを学びます。


養成所は、女優に必要なスキルを基礎から教えてもらえるため、舞台経験のない人でも入りやすいのが養成所のメリットと言えます。


ただ、養成所に入るにはオーディションに合格することが必須条件なので、養成所のオーディション対策を行う必要があります。


人気が高く、舞台女優になるためにおすすめの養成所は以下の通りです。

  • 劇団ひまわり
  • AVILLA STAGE
  • 渡辺エンターテイメントカレッジ
  • 東映俳優養成所

それぞれオーディション内容や、レッスンの特徴が異なりますので確認しておきましょう。 


②専門学校へ行く

専門学校で女優としての基礎を学んでから、劇団のオーディションへ応募し、劇団のオーディションに合格して劇団員になる方法です。


専門学校なので学歴として履歴書にも書くことができますし、寮のある学校もあるので地方から上京する人、生活面で不安がある方にメリットが多いでしょう。


ただし、即戦力となる技術を学べるのは養成所です。

専門学校は、舞台女優の基礎や知識をしっかり学んでいきたいという方におすすめです。


おすすめの専門学校は以下の通りです。

  • 総合学園ヒューマンアカデミー
  • 専門学校ESPエンタテインメント
  • 日本芸術専門学校

専門学校も養成所と同じく、学校によって少人数でレッスンを行う学校や、演技やダンス指導の他に、海外留学など幅広い経験ができる専門学校など特徴は様々ですので、事前に学校の特徴やレッスン方法をチェックしておきましょう。


③劇団に入る

劇団女優になる方法として、最もメジャーな手段が劇団へ入ることです。

劇団員になると、劇団女優に必要な基礎知識から演技力など一通り学ぶことができます。


また、最初は小さな役ですが芝居の役をもらうことができ、能力が高くなれば次第に大きな役も回ってくるでしょう。


ただし、劇団に入るにはオーディションを受けて合格しなければなりません

基本的に劇団は即戦力のある人物が求められるので、演技や舞台の経験がある人向けです。


おすすめの劇団は以下の通りです。

  • 劇団四季
  • 劇団青年座
  • 宝塚劇団
  • 文学座

劇団オーディションの開催は現在、コロナウイルスの影響で見送られているところもあるようです。


年に1回しかオーディションを開催していないところが多いので、開催時期を見逃さないように注意しておきましょう。


④芸能事務所に所属する

芸能事務所が行っているオーディションを受け、合格すれば研究生として劇団女優になるためのレッスンを受けることが出来ます。


また、大きな芸能事務所であれば、事務所主催の映画やドラマなどへ出演できるチャンスもあるでしょう。


ただし、芸能事務所が行っているオーディションは応募人数が多いため、ライバルの数も多いというデメリットがあります。


そのため、芸能事務所へ所属して劇団女優を目指したい方は、いくつかの事務所のオーディションを並行して受けるのが効率がよくおすすめです。


⑤スカウトを受ける

スカウトをされて芸能事務所などへ所属する方法です。


しかし、劇団女優はモデルやタレントのように街でスカウトされる確率が低く、街でスカウトをされるより芸能事務所の関係者が劇場で芝居をみて直接スカウトすることの方が多いです。


ただ、事務所関係者があなたの出演している芝居を見る運と、事務所関係者の人の目に止まる高いスキルが必要になるので難易度は高いと言えます。


どの手段を選んでも基本的にオーディションがある

上記で紹介した劇団女優になる方法は、どの手段を選んでも必ずオーディションを受ける必要があり、オーディションに合格しなければ前に進むことができません。


オーディションの流れは、書類選考(一次審査)→オーディション(二次審査)→合格すればレッスン開始、という流れが多いのですが、中には四次審査まである場合もあります。


また、オーディションは既に劇団女優としての知識があり、演技が上手な人だけが合格になるわけではありません。


今はまだ、女優としての能力が低くても「磨けば光る子だ」と才能(将来性)を感じさせる人物が合格します。


そのため、オーディションでは個性をしっかりアピールできるようにしておきましょう。


劇団女優になるために必要な資金

劇団女優になるには費用が必要です。


ただ漠然と「劇団女優になりたい!」と考えていても、必要な費用を準備出来なければ舞台女優になる道のりはかなり険しくなるので、必要な資金を確認し準備しておく必要があります。


では、劇団女優になるための費用について詳しくみていきましょう。


必要な費用①オーディション会場までの交通費

養成所、芸能事務所、劇団などどの手段を選んでも必ずオーディションがあります。

また、養成所や事務所へ所属した後でもオーディションを受けることは多いでしょう。


オーディション自体は基本的に参加費などはかかりませんが、オーディション会場へ行くまでの交通費や、場合によっては宿泊費用がかかるケースもあります。


これらの費用は主催者側が負担してくれるわけではなく自腹になることを頭に入れておきましょう。


必要な費用②養成所の入所費用

養成所に入る場合、入所金とレッスン費用がかかります。

費用は養成所やレッスン回数により異なりますが、

  • 入所金…10万円~50万円
  • レッスン費用…年間20万円~40万円

というところが多いようです。


ただ、オーディション合格者は入所金が無料になる特典付きのところもあるので確認しておくといいでしょう。


必要な費用③事務所へ所属後ならレッスン費用や宣材費用

芸能事務所へ所属した後は、必要なスキルを学ぶためにレッスンを受けることになります。


そして、レッスンを受けるにはレッスン費用が必要になります。


ただ、ほとんどの芸能事務所はこれらの費用負担について詳しく公表していないため、全額自己負担なのか、それとも何割か事務所が払ってくれるのかは入所してみなければ分かりません。


必要な費用④劇団へ入るなら入所費用、実習費用

劇団に所属する場合も学費が必要です。


「劇団青年座研究所」と「劇団文学座」で必要な費用を参考に見てみましょう。

【劇団青年座研究所】

大手の劇団ほど入所費用や実習費用が高くなる傾向があります。

小さな劇団であれば、「劇団青年座研究所」や「劇団文学座」ほど費用はかかりませんので、費用を

抑えたい方は小規模な劇団で探してみましょう。


まとめ

この記事の内容をまとめると、

  • 劇団女優になるには、養成所に入る・専門学校へ行く・劇団へ入る・芸能事務所へ所属する・スカウトされる方法がある
  • 劇団女優になるおすすめ手段は、養成所や劇団へはいること
  • どの手段を選んでもオーディション合格は必須条件
  • 養成所や専門学校、劇団へ入所するための資金準備をしておく

でした。

やはり、劇団女優を目指すにはオーディションへ合格する実力と、スキルアップのための費用が必要です。

将来自分はどのような劇団女優になりたいのか?どの舞台で活躍したいのか?なども考え、自分にあった方法を選んでください。

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!