編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


映画デビュー・芸能デビューするなら映画オーディションや俳優女優オーディションが近道?オーデション必勝法はあるの?

投稿:オーディションリストで俳優女優  
455 0 通報 ウォッチ

芸能デビューしたい人はたくさんいますが、芸能と言っても具体的に何をしたいのかによって、どんな方法でなれるのかは異なります。芸能の中でも映画デビューしたいという人は、どんな方法でアプローチすればよいのでしょうか?



映画デビューする方法の一つに、映画オーディションを受けるという方法があります。俳優女優オーディションは芸能事務所やプロデューサーなどが開催していて、WEBやSNSなどで見つけることができます。新人発掘という目的で行われているものもあれば、特定の作品や特定の役柄に対して行われている映画オーディションもあり、具体的にどんな人材を探しているのかは、ケースバイケースで異なります。



【PR】キングダム2出演オーディションはココだけ!新人発掘オーディション



もしも特定の作品や役柄に対して映画オーディションが行われている場合には、どんな方法でアプローチすることがオーディション必勝法となるのでしょうか。



1つ目の方法は、役のイメージに自分を合わせるという点があります。例えば、純愛映画で透明感のある女性を探している映画オーディションなら、合格するのはやはり役柄のイメージに合っている透明感のある女性と言うことになるでしょう。一方、背が高いスーパーモデルの役柄を演じられる俳優女優オーディションなら、どんなに美しくても背が低い人では、合格するのは難しいのではないでしょうか。



特定の役の映画オーディションは、役のイメージに合った人の方が合格しやすくなります。オーディションを受ける前に、具体的にどんな作品でどんな役なのかが分かっていれば、その作品の本やコミックを読んで勉強したり、背景について研究しながら、自分の見た目や雰囲気、話し方に至るまで、その役が持つイメージに近づけることができるでしょう。



ただし、役のイメージに合わせるという作業は、どんな役なのか具体的に明記されていない場合には、難しいものです。例えば「主人公のクラスメート役」という役だと、どんなイメージで役作りをしたら良いのか分からないことが多いものです。その場合には、渡されるセリフからイメージできる人物像を自分で考え、雰囲気や話し方をイメージに合わせるという方法が有効です。



【PR】おすすめの新人発掘オーディション|プロアクターズラボ




2つ目のオーディション必勝法は、自分の個性や魅力をしっかりとアピールするという方法があります。特定の役に対する映画オーディションではなかなか難しいのですが、新人発掘系のものなら、特定の役に自分の雰囲気を寄せる必要がありません。この場合には、自分が持っている魅力や個性を、審査員にアピールできるような準備をすると良いでしょう。



自分が持っている魅力や個性がイマイチ分からないという人は、周囲の人に聞いてまわるという方法でも良いですし、自分の仕草を動画として録画してみて、客観的に見てどんな雰囲気を出しているのかをチェックするという方法もおすすめです。大切なことは、自分がすでに持っている魅力や個性を知り、俳優女優オーディションではそれを最大限にアピールするということです。新人発掘系のオーディションでは、必ずしも美少女やイケメンばかりが合格するというわけではありません。個性的な人やユニークな魅力を持つ人、オリジナリティあふれる人なども、審査員の目に留まります。自分が憧れているイメージやキャラに雰囲気を寄せようとしても、無理が生じてしまいますし、自然ではありません。そのため、俳優女優オーディションにおいては、自然体の自分から醸し出す雰囲気を、すこしオーバーに表現するぐらいがおすすめです。



例えば、客観的にみるとオタクな雰囲気を持っている人なら、あえてオタクっぽさを隠すよりも、オタクらしさをアピールできるように努めるのがおすすめです。服装をよりオタクに近づけるとか、雰囲気をよりオタクっぽくするだけでも、審査員に対して強烈な自己PRができるでしょう。



3つ目のオーディション必勝法には、その場の空気をしっかり読むという方法があります。映画の撮影現場においては、たくさんの人が一つの現場で、それぞれ与えられた役割を全うしています。そうした集団行動の中では、空気を読んで行動することは大前提となります。空気が読めない人は、どんな現場でも嫌がられますし、他人に不快感を与えることにもなりかねません。天然キャラなので、では通用しません。



【PR】キングダム2出演オーディションはココだけ!新人発掘オーディション




現場の空気をきちんと読んで行動できるかどうかという点は、オーディションの現場においても現れます。オーディションにおいては、とにかく目立って審査員の目に留まる事が大切だと考える人が多く、空気を読まない言動をあえてする人もいます。オーディションのタイプによっては、そうした言動がマイナスにならないことは、もちろんあるでしょう。しかし、映画というジャンルにおいては、空気を読んで行動することは、必要不可欠な最低限のスキルだと考えましょう。



2020年特別枠・新人俳優女優オーディションは、新人発掘を目的とした映画オーディションです。最短3ヶ月でスクリーンデビューできる可能性もあるので、俳優になりたい人はぜひ積極的に受けてみてはいかがでしょうか。





この記事をチェックした人はこちらも興味があります


コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!