編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


メイウェザー"元祖炎上系”YouTuberローガン・ポールとの対戦2月で決定 MEGAと合わせて連戦 ローガン過去2戦勝ち星なし

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
169 通報 ウォッチ

 来年2021年2月20日ボクシングファンにとって記念すべき日になることが分かった。



【関連ニュース】ルーマニアの丘に謎の三角柱が「点と点で繋ぎ合わせると…」



 元ボクシング世界5階級制覇王者で50戦無敗のまま現役引退したフロイド・メイウェザー(43)が、世界的人気のYouTuberローガン・ポール(25)とエキシビションマッチが決まった。


 メイウェザーが7日に自身のInstagramを通じて

スーパーエキシビション 2021年2月20日! 特別先行販売を開始! 詳細はこのあとすぐ

と投稿した。


 この対戦は『FanmingBoxing』のサポートの元行われる。

FanmingBoxing』の公式サイトには、エキシビションの開催地対戦ルールを含む試合形式などの情報の記載はまだない。(2020年12月7日現在)


 YouTuberのローガンは2000万人以上のフォロワーを持つ、年収は10億円以上を稼ぐYouTube界のパイオニア。

過激な動画も多く、炎上必須。2017年には、“自殺の名所”で有名な青木ケ原の樹海で撮影を行い、男性の自殺遺体を動画にしたことが問題になった。




 ローガンのボクシング経歴は、2戦(アマ)しかなく、しかも、その2試合の相手は同じ“YouTuber”のKSI(プロ)

1試合目は2018年8月に行われ、「the biggest amateur boxing match in history(史上最大のアマチュアボクシングイベント)」と称されたが引き分けに終わり、

2試合目は2019年11月のリマッチ。この時に両者はプロライセンスを獲得しプロ試合として行い、違法なパンチに減点されてKSIに判定負けしている。

ちなみに再戦の可能性(3試合目)について尋ねられたとき、KSIはポールとの3度目を拒否し、「それは終わった...私は次のことに進んでいる」と語っている。


 0勝1敗1分けと戦績は乏しいものの、この2戦目はDAZNなどで配信され、世界のDAZN視聴者数ではボクシング第3位の記録を出した。


 メイウェザーとローガン・ポールはこれまで舌戦を繰り広げており、

対戦を迫るローガンは「試合の契約書にサインをしないのは、自分の名前が書けないからだろう?」と挑発。

これに対し、メイウェザーは真っ向から対戦を受ける姿勢を示した。



また、ローガンの弟のジェイク・ポールは先日、タイソンのエキシビションマッチで前座を務め、元NBAスター選手のネイト・ロビンソンをKOで下しその後UFCスター選手のコナー・マクレガーに挑戦状を叩きつけている。

メイウェザーは来年2月28日に東京ドームでの開催が予定されている格闘技イベント『MEGA2021』の出場が決まっている為、今回の発表で2週連続で試合を行うことが決定した



コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!