ロッテ岩下、角中、荻野ら新たに11人がコロナ陽性一覧を公開 濃厚接触者は4人

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
絞り込み条件:男性におすすめ
66 通報 ウォッチ

 千葉ロッテマリーンズ(千葉県)は6日、1軍全選手、首脳陣、関係職員のPCR検査(4日午後受診)の結果を発表した。


 選手ら11人が新型コロナウイルスの陽性と判定された。


荻野貴司(34)清田育宏(34)角中勝也(33)菅野剛士(27)の外野手4人と、鳥谷敬(39)三木亮(28)藤岡裕大(27)の内野手3人。

さらに走塁部門などを担当する伊志嶺翔大コーチ(32)と、チームスタッフ3人の計11人。


また、4日に陽性判定を受けた岩下大輝投手(24)の濃厚接触者として、山本大貴投手(24)東妻勇輔投手(24)小野郁投手(23)和田康士朗外野手(21)の4人が認定された。


2軍の全関係者が受けたPCR検査(5日実施)の結果は、全員が「陰性」と判定された。6日のオリックス戦(ZOZOマリン)は予定通り行われる。



 自宅隔離で静養に努めている岩下はこの日、「特例2020」で出場選手登録を抹消されたが、既に平熱に戻った。同様に前日感染したスタッフは発熱症状こそあるが、大事に至っていないもよう。ただ、複数の感染者による戦力ダウンは、今後の戦いに向けて大きな痛手になりかねない。


 首位ソフトバンクとは残り28試合中、9試合の対戦があり、週末の9日からは、敵地での3連戦が控えている。前日には中継ぎの山本と東妻がコンディション不良でベンチ外になった。05年以来15年ぶりのリーグ制覇に向け、正念場を迎える。

コメント

    まだありません。

    関連オーディション