丸山桂里奈が元日本代表GKの本並健治氏と年の差婚!! そんなお二人の馴れ初めや本並氏の経歴を調査まとめてみた。プロとしての成績がすごい。腎臓破裂で選手生命の危機

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
絞り込み条件:
434 通報 ウォッチ


5日にオンラインの『TGC 2020 A/W ONLINE』で、元女子サッカー日本代表(なでしこJAPAN)でタレントの丸山桂里奈さんが日本代表などで活躍したサッカー解説者の並健治氏との結婚を発表した。


昨日、区役所に婚姻届を提出したと所属事務所が発表した。





真っ白なタキシードに身を包んだ本並氏とウエディングドレス姿の丸山が登場し、互いの晴れ姿の印象については「顔も黒だし、黒い服ばっかりだから全然違う人にみえました」、「きれい。いつもジャージかユニフォーム。新鮮ですね」と見慣れぬ装いにお互いがときめいている様子だった。




 結婚を決めた理由として丸山は、「家族になるといろんなことができる。家族になって、まだ一緒にすんでないですけど、一緒に住める、家族になるということに対して憧れがあったし、距離を気にしないということで結婚を決めました」と語った。





【PR】映画デビューオーディション2020

(応募者全員に映画招待券プレゼント)



 



・そんな二人の馴れ初めは??


本並さんがJリーグを引退した後は吉本興業をマネージメント契約を結んでリポーターやサッカーの解説などをつとめ2021年にはなでしこリーグの「スペランツァFC大阪高槻」で監督に就任し、低迷していたチームの成績を向上させたことで監督として高い評価をえました。


そして監督になった年に元撫子ジャパンの代表選手で現在はタレントとして活躍する丸山桂里奈さんが別のチームから移籍してきます。ここからの長い間の師弟関係の絆がいつしか人生のパートナーに?ということなのでしょうか。



本並さんは選手と監督時代は選手と監督時代はセクハラの冤罪を避けるためエレベーターに乗るときも気を付けていたそうで、お互いを意識するようになったのは本並さんが監督を退任、丸山さんも現役を引退してホリプロに所属して一緒にサッカー教室を開いたり事務所のフットゴルフ部で活躍した後も師弟関係は続いていたそうです。


丸山さんが本並さんに好意を抱くようになったのはサッカー教室の練習メニューを相談するうちに親身になってアドバイスをくれたころからだそうで二人が恋愛関係になったのは今年に入ってからです。




・そんなお二人の経歴を明らかにしてみた



・丸山桂里奈さんの経歴

丸山は2005年、TEPCOマリーゼ時代にLリーグ(現なでしこリーグ)新人王を獲得。


2010年に米フィラデルフィア インデペンデンスに移籍、12年からなでしこプレミアリーグのスペランツァFC大阪高槻で活躍し、16年シーズンをもって現役を引退した。


日本代表では、第4回女子W杯、アテネ五輪、北京五輪に出場したほか、第6回女子W杯優勝や、ロンドン五輪準優勝に大きく貢献した。



日本代表時代の丸山さん




あわせて読みたい記事→

・【画像あり】シバターが炎上中てんちむを痛烈批判 天テレから非行へ タトゥーのあるてんちむの整形前などの昔の画像 賠償金額、本当は中国人??

【画像あり】フジ堤礼実アナがDeNA神里和毅とお泊りデート「プライベートは任せている」





本並健治 さんの経歴

本並氏は清風高等学校、大阪商業大学を経て1986年、ガンバ大阪の前身である松下電器産業サッカー部入団。


93年のJリーグ発足後はガンバで鋭い反応と攻撃的なGKとして活躍。94年には日本代表にも招集され国際Aマッチに3試合出場した。


97年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)へ移籍したが、2002年に現役を引退。引退後は海外サッカーの解説などメディアで活躍する一方、京都産業大学やなでしこプレミアリーグのスペランツァFC大阪高槻などでコーチ・監督を歴任した。



・突然の大怪我と選手生命の危機?

1993年のサンフレッチェ広島戦において、後半終了直前のコーナーキックの競り合いで相手選手と激しく接触し腎臓破裂の重傷を負負った。


試合は、延長開始直後にゴールを決められ、ガンバが敗れて終了したが、「仮に延長戦が続いていたら助からなかっただろう」と診断されたほどの大怪我だった。本並は既に選出されていたJリーグオールスターの出場キャンセルは勿論、選手生命はおろか命の危機に晒されることとなった。手術では腎臓の4分の1を摘出した。



だが驚異的な回復力を見せ、7ヶ月後の翌1994年のサントリーシリーズには再び正GKとしてピッチに立つ。ファルガンが監督を務めていた日本代表に選出されたのもこの年である。


デビュー戦であるキリンカップのフランス戦では、後半から出場し、トンネルを含む2失点(後半からの出場、試合結果は1-4)を喫し、その後出場した2試合(1994年7月のアシックスカップのガーナとの2試合)でどちらも失点すると、以後代表から声は掛からなくなり、結局代表キャップは3に留まった。




日本代表時代の本並氏



そんな本並さんですが、過去に一度離婚しています。



本並健治さんが最初の結婚をしたのは1991年でまだ27歳の現役バリバリ頃。そしてイケメンですから当然女性ファンも多数いたそうです。


そんな本並さんを射止めた奥さんは名前が「美千代」さんです。顔画像や年齢、出身地、職業などの情報は全て非公開となっているので馴れ初めなども残念ながら分かりませんでした。


結婚してから二年後の1993年に息子さんが生まれています。


現在は27歳ですね。息子さんがサッカーをやっている情報などはないので普通の会社員として働いているのでしょうか。

離婚の時期についてですが、本並さんは丸山桂里奈さんに出会う前に前妻とは離婚しています。





旬な話題

  1. 【画像あり】キングダム原泰久彼女は小島だけじゃなかったもう一人は小日向えり 「不倫関係は2年前からあった。」
  2. 【PR】映画直結オーディション未来のスターがココから生まれる✨
  3. 【画像あり】きゃりーぱみゅぱみゅ新恋人にテラスハウスの葉山奨之!「プライベートは本人に任せている」
  4. インビザライ100万人目の患者は近代五種の日本チャンピオン才藤歩夢選手「周りの人も笑顔にする」







コメント

    まだありません。

    関連オーディション