編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


円楽 肺がん再発 過去には大腸がんと告白

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
121 通報 ウォッチ

 落語家の三遊亭円楽(70)が30日、都内でアストラゼネカ主催のメデイアセミナー『緊急提言 新型コロナウイルス感染症流行下におけるがん検診の重要性~つづけよう、がん検診~』にゲストとして参加。2018年に患った肺がんが昨年再発していたことを明かした。



【関連ニュース】松任谷由実に対し早く死ね大学教授 立川志らくが反応




 円楽は18年9月に初期の肺がんであることを公表し、10月5日に手術、11日に退院していた。昨今のコロナ禍の中、新規がん検診の減少や早期治療開始の遅れがもたらされているといい、この状況下でも、がん検診や定期検診を受けるよう促すイベントにこの日、出席した。


 イベントでは、世界肺がん学会理事長の近畿大学・光冨徹哉氏、日本対がん協会のがん検診研究グループマネージャー・小西宏氏、日本肺がん学会理事長の日本医科大学・弦間昭彦氏と共にトークセッション。登場するなり、円楽は「芸人の前に病人ですから」と軽快な言い回しで笑わせる。


 肺がんが見つかった経緯について説明。十二指腸の良性の腺腫があり、それを摘出する目的もあって入院しながら精密な検査を受けた際、小さな肺がんが見つかったという。「びっくりしました」と明かし、「がんを宣告された時の気持ちを聞かれた。そんなの、たった一言でしょ。『が~ん』って、それしかない」とニヤリ。司会を務めた木佐彩子アナウンサーが笑うか迷っていると円楽は「陽気ながん患者ですから笑っていいんですよ」と笑顔を見せた。


 偶然、精密な検査を受けた年に見つかった肺がん。「マメにいろんなところを検査してたおかげで見つかった。実はね、大腸もずいぶん昔にやっているんですよ。それもごく初期の扁平でちっちゃいの。初めて大腸の内視鏡をやって、怪しいからって病理検査をしたら初期だった。『来年だったら抗がん剤だよ。今のうちに取っちゃおう』と言って取った」と大腸がんも患っていた過去を明かし、検診の重要性を説いていた。


 今も毎月、がんの検査を受けている。「つらいという思いより、まだまだ生きられると思うと、ずいぶん違う。早期発見、早期治療。どんどん、医学の進歩がある」と力説。また、「去年、ちょっと再発したんですよ。薬を変えた。それで数値がよくなった。どんどん進歩している。もう少しでがんは怖くない病気になるんじゃないかな。今だって私は怖がってない。亡くなった時は寿命だと思って、やれることがあるのが幸せのが大事。何度も言うようだけど、見つけちゃった方が得。怖がる必要はない」と訴えていた。


 最後は「カメラの前で謎かけというと、4年前の嫌なことを思い出す」と軽くジョークを交えながら、謎かけを披露。お題は「がん検診」で「拍手もない下手な芸と説く その心は受けないと手遅れです」と話し、笑いを巻き起こしていた。「笑うことは大事。笑わせる方は大変だけどね」としみじみ口にしていた。


 その後、取材にも応対。昨年は脳腫瘍も患った。「今年はコロナでしょ。この3年はろくなことがない。たぶんね、歌丸が呼びに来ているのね。そうとしか思えない。肺がんが見つかったのは歌丸師匠の四十九日。調整して手術日が決まったのが百か日。脳腫瘍が見つかったのが一周忌」と笑う。


 それでも「あれだけ呼吸器つけて、酸素を吸いながら落語にしがみついたお師匠さんがいる。それに比べたら私はセーフ。まだまだ闘病もするし、治療もするけども落語ができる。普通の声で。まだまだ呼ばれないし、この業界に恩返しをして、お師匠さんや先代がいるところに、ゆっくり行こうと思う。そのためには先生に言われた検査は全部やろうと思う」と笑顔で口にしていた。大腸がんは「20年近く前。表層だけで、よく見つけた、と。それはツキもあったね」と説明していた。

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!