編集部オススメのオーディションはこちら!


「千尋」が「鬼滅」に抜かれる前に興行収入上乗せし逃げ切りへ ジブリに忖度か

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)   
通報 ウォッチ

 東宝は15日、都内の本社でラインアップ発表会見を開いた。席上で、吉田充孝映画営業部長(49)は、スタジオジブリの2001年のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の歴代最高興収308億円の記録を、316億8000万円に差し替えると発表した。


 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、休業した全国の映画館が営業を再開した6月から8月まで行った企画「一生に一度は、映画館でジブリを。」で、8億8000万円の興収を上げており、その興収を上乗せした形で興収を差し替えた。


 同社配給作品の「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)が、13日に


興収302億8930万7700円、

動員2253万9385人を記録。「千と千尋の神隠し」の308億円の記録更新まであと6億円だったが、更新のハードルが14億円と高くなった。


 それでも、吉田映画営業部長は「326億8000万は、11月下旬に更新するのではないか?」との見通しを示した。


 報道陣からは、このタイミングで「千と千尋の神隠し」の興収差し替えを発表した意図を問う質問があった。

東宝の市川南常務取締役は「例年、この時期に発表する。ここで発表とジブリさんと決めていた」と説明。


同社として「千と千尋の神隠し」の興収308億円を正式に発表していないとした上で

鬼滅に抜かれてから訂正すると後出し感で満載。13日がタイミングのギリギリだった。皆様、誤解されませんように。」と苦笑いした。



▼歴代映画興行収入ランキング


1位『千と千尋の神隠し』(326億円)

2位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(302億円)

3位『タイタニック』(262億円)

4位『アナと雪の女王』(255億円)

5位『君の名は。』(250.3億円)

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”令和第二弾”シンデレラオーデション開催中