編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


座間9人殺害裁判 検察は白石容疑者に死刑を求刑 遺族は「被告がこの世から消えることを願っている」

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
63 0 通報 ウォッチ

 今月26日検察側は、神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)に対し、東京地裁立川支部(東京都立川市緑町10−4)矢野直邦裁判長のもとで開かれた裁判員裁判で「前代未聞の猟奇的かつ残虐な犯行。もっぱら自己の欲求の充足のみを目的とし、9人の命を奪ったことは万死に値する」として『死刑』を求刑した。



【関連記事】被害者全員の顔画像や名前を一覧で公開



弁護側が「一連の事件を起こして後悔はしていますか」と聞くと、

白石被告は「結果として捕まってしまったので後悔しています」と述べました。

また、検察側が「判決を待つ今の心境は」と尋ねると、

白石被告は「頭のなかは母親のことでいっぱいで、迷惑を掛けて申し訳ないと思っています」と述べました。



 起訴状などによると、白石被告は2017年8~10月、SNSのツイッターなどで自殺願望をほのめかした15~26歳の男女9人をアパートの自室に誘い、女性8人には性的暴行したうえ、9人全員をロープで首を絞めて殺害したなどとされる。判決は12月15日の予定。



検察側の『死刑』を求刑に対し、8人目の被害者となった横浜市の25歳の女性(丸山一美/まるやまかずみ)の兄は、

「事件のあと私は心を失いました。遺族が少しでも癒やされるためには、被告がこの世から消えること以外にありません」と述べました。



「国内の事件・事故」をもっと詳しく

伊藤健太郎がひき逃げで逮捕「バレると捕まると思った」

「夫婦で覚醒剤」酒井法子の元夫の高相祐一が薬物使用で逮捕

渡哲也 肺炎のため死去 裕次郎の遺言は守り石原プロを畳む


コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!