編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


拡がるコロナの影響は劇団にも大きな打撃

投稿:拡がるコロナの影響は劇団にも大きな打撃  
6 0 通報 ウォッチ

コロナの影響は医療や福祉、観光や教育だけではなく様々な部分にあります。話題に取り上げられていないジャンルの方々が声を上げ、どのような状況にありどのような部分で影響を受けているのか心の叫びを上げてくださることでようやく気付く一面があります。

自分には直接関係のないジャンルのお仕事であると思っていても、全くの他人事ではないのです。

 

お客様が鑑賞することでお仕事をされている劇団。幾つもの劇団が存在しますが、どの劇団でも観客の方がいて演劇という癒しと感動の時間を提供することで成り立っています。

そんな中に来て、三度の緊急事態宣言は大きな打撃を与えています。

 

有名な劇団の一つである文学座は、演劇鑑賞会という形で定期的に全国に演劇を出していました。

しかし、人が集まることを控えることが必要であると言われている今、演劇が提供される機会というのが非常に難しい状況にあります。

感染対策を行って平常通りというわけにはいかず、観客の密になる状態を避けるべく人数の制限を設けたりなど収益に直結する部分も手を加える必要が出てくるのです。

演劇を鑑賞するという人の数が減少傾向にある昨今、その文化を保護するべく支援を行われている団体が幾つもありますがそれでも厳しいのが現実です。

文学座には演技と演出だけでなく研究生や事務などたくさんの人々によって成り立っています。

公演に繋げるまでに費やする時間や労力などを考えると膨大です。

 

時代の変化にもまれながらも文学座の長年の歴史と先代の方々の積み重ねてきたものを守るべく活動されているうちの一人に若手座員の柴田美波さんという方がいます。この方を含め複数の方が、文学座の大変な状況を乗り切るためにクラウドファンディングという形を提案して支援を募りました。

それは、芝居がやりたい芝居を人々の前に何としてでも届けたいという熱い思いだったのではないでしょうか。

熱い思いを持っているのは若手だけではありません。

文学座で活躍しテレビでも活躍したベテランの方々もその想いは同じようです。

 

しかし、クラウドファンディングというたくさんの人からお金を出してもらうという形に抵抗が大きかった方々もいるのです。

それはもちろん、先述の考え方と同様で、文学座の歴史や積み重ねを大事にしたいという考え方から発生した意見です。

過去に経済力の大きな企業からの寄付の申し出があった際に、「お金を出してもらうということは、出してもらった方の言うことを聞かなければならないようになる」という可能性を恐れたものです。

それによって、劇の幅や自由度を制約されてしまうという考え方は、思わずうなずいてしまう部分があります。

意識的にも無意識にも、お金を出してもらっているという部分はどうしても付きまとってしまいますから。

 

そのような様々な兼ね合いと闘いながら終息まで、そしてその後も、人々に演劇という大きな感動のステージを与え続けてほしいと切に願います。



コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!