編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


海外でも人気が爆発、鬼滅の刃が日本アニメに示す指標!全世界の興収で年間トップへ

投稿:海外でも人気が爆発、鬼滅の刃が日本アニメに示す指標!全世界の興収で年間トップへ  
通報 ウォッチ 11 0

海外でも人気が爆発、鬼滅の刃が日本アニメに示す指標

今年の4月23日に劇場版 鬼滅の刃 無限列車編が全米で公開されました。国内の歴代工業収入で1位を獲得したこの作品は海外でも大きな人気を獲得しています。北米で公開の週末3日間の興行収入が2114万ドル……日本円で約23億円となっており、同じ週に1位を獲得している「モータルコンバット」との差はわずかとなっていて翌週には1位を獲得しました。

日本の映画で考えると週末興行収入で1位を獲得したのは「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」1999年以来です。

海外ではどうしても大手映画会社が占めてしまっていたため、日本アニメの公開自体が少なく、上映期間も非常に少ないものとなっていました。

しかし、今回の鬼滅の刃に際して映画の配給を担当したのがファニメーションであるという部分が大きい。2017年にハリウッド大手映画会社の一つであるソニー・ピクチャーズに買収されて傘下に入っているという状況のためサポートの効果もあったのではないかと考えられます。

また、鬼滅の刃の制作もソニーグループであるソニーミュージックの子会社であるアニプレックスであること、グループ内の連携の強化が進んでいる部分もあります。

海外でなかなか厳しい状況にあった日本のアニメに今、良い風が吹き始めているのです。

 

また、これまで海外で人気が出た日本のアニメは子供向けやファミリー向けのものばかりで、鬼滅の刃は大人向けの内容となっています。

海外で上映される際の鬼滅の刃は描写的にR指定がなされているため、子供が視聴する際には保護者の同伴が必要となっています。

それでも大きな人気となっているため、日本のアニメの市場に大きな変化をもたらす機会となったのではないでしょうか。

近年、日本のアニメに興味を持つのは海外のごく一部の方々でしたが、それが拡大する好機。

それが一時限りになるかそうならないかは日本次第な部分もあるため、ぜひこのチャンスを活かして海外でも多くの方々に日本のアニメを見てもらい魅力を感じてもらいたいですね。



コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!