編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


篠原涼子が1年以上にも及ぶ「コロナ別居」継続中!その理由とは?

投稿:篠原涼子が1年以上にも及ぶ「コロナ別居」継続中!その理由とは?  
通報 ウォッチ 9 0

「篠原が今も別宅で生活していることは事実です」


女優・篠原涼子の所属事務所に確認するとそんな回答が返ってきました。

Netflix配信のドラマ『金魚妻』で篠原は、不倫に溺れる専業主婦の主人公・平賀さくらを演じます。不倫する役を演じるのは今作が初。


日々、撮影を精力的にこなす彼女だが、実はプライベートの生活で今も別居状態のままでした。昨年8月から夫で俳優の市村正親(72)との別居生活を報じられ、当時、所属事務所は市村との別居を認めたうえで、「不仲が原因ではなく、ドラマの撮影で大勢の人と接することもあり、家族へコロナを感染させないための一時的な処置です。撮影終了後には自宅での生活に戻ると聞いています」とコメントしていました。


ですが、今も別宅のマンションを引き払っておらず、市村さんとの別居生活が続いているのだとか。篠原が市村との別居生活を開始したのは昨年3月で、1年以上にわたって別居を継続していることになるのだが・・・?


コロナの影響だけでなく篠原の性格が影響している。と関係者は言うのです。

「仕事が大好きな篠原さんは、出産後もかなり早めに女優業に復帰。ほぼ毎年作品を抱えている状況です。ですが、夫の市村さんは『母親は子供たちのそばにいてあげてほしい』という思いもあるそうです」と仕事を優先させていると明かします。


仕事がある生活を求めた彼女の選んだ別居生活。これが夫婦の”カタチ”になるのでしょうか?

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!