編集部オススメのオーディションはこちら!


Kōkiセミヌードに Cocomi撮影 ヌード黒幕は母工藤静香

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
通報 ウォッチ

 自身のInstagramのを通じて「本当にエキサイティングな経験でした。めちゃくちゃ緊張しました」と“写真家デビュー”の感想を吐露したCocomi(19)



【関連ニュース】



父:木村拓哉(48)母:工藤静香(50)に持つCocomiが「エル・ジャポン(1月号)で妹のKōki(17)を撮影する“姉妹コラボ”が実現した。


Kōki


「上半身のヌードなので緊張していた様子。撮影が始まるとCocomi『いいよ。キレイ』と声掛けし、妹に英語で指示しながらシャッターを切っていた」

バッグで胸を隠した上半身セミヌードや、ボディスーツ姿で尻を突き出すなど、大胆なポーズで姉の求めに応じたKōki。


「Cocomiからはトータル8カットで『全て違うヘアメイクとセット』で撮りたい!」

と要望があったことを雑誌関係者は言う。


「Cocomiのカメラスキルは、写真好き程度。スタイリストやライティングはプロからのお膳立てされての撮影だった」


“写真界の巨匠”は「カメラマンになったらいいのに」

姉妹コラボを掲載した「エル・ジャポン」はKōkiが一昨年、表紙でモデルデビューを飾った雑誌。その際、間に立ったのは母・静香と懇意にしている写真界の巨匠、操上(くりがみ)和美氏(84)だった。


「Cocomiが生まれた日にも病院に駆けつけたほど木村家と親しい。姉妹を幼い頃から撮影しており、姉妹も『くりじい』と呼び、慕っている。『Kōkiを国際的モデルとしてデビューさせたい』という静香の意向を、操上氏が『エル・ジャポン』に伝えたのです」(同前)


11月に配信された「VOGUE」WEBで、操上氏はCocomiと対談。「カメラマンになったらいいのに」と勧めた。

モデルとして認知度を高めている妹に比べ、Cocomiはフルート奏者という肩書があるが、実際はまだ音大で修業中の身。身の振り方は定まっていない。


「Cocomiは穏やかな性格で、将来についてものんびり考えるタイプ。静香の後押しで構想に1年かけ、3月に『VOGUE JAPAN』で妹に続きデビューしたが、モデルとしては少々小柄。本人もプロ意識は低く、食事や体型について母と妹から注意されるそう」(前出・雑誌関係者)


豪腕ママ・静香のアピールと父・木村拓哉の影

今回の表紙撮影も、長女の道筋をつけてやりたい静香の意思なのだという。


「静香は、照明用の傘を与え、Kōki共々インスタにCocomiが撮った写真をアップするなど『長女は写真家』アピールに余念がない。ついには表紙まで撮らせてしまうとは、さすがは豪腕ママ」(同前)


アピールの主戦場は写真と親和性の高いインスタだが、そこには父・木村の影も見え隠れする。


「木村は昔から写真が趣味で、Cocomiも元々カメラを父から譲り受けた。5月には“by dad”として木村が撮った自分の写真をインスタにアップして大いに話題を呼んだ。まさに“伝家の宝刀”キムタクまで担ぎ出した形」(同前)


果たして、お姉ちゃんの写真熱は本物か。はたまた一時のコーキ心!?

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”令和第二弾”シンデレラオーデション開催中