編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


TKO木下が告白「アンチ大歓迎。復活の道はYouTube」

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
142 通報 ウォッチ

 「YouTuberとしての活動は全然ダメですね。始めてから8ヵ月が経ち、チャンネル登録者数は約1万8000人くらい。正直、撮影経費などもあり、ほとんど持ち出しです。その他にアパレルブランドも経営していますが、これも自分が起こしてしまった騒動でイメージダウンしましたし、コロナでさらに売り上げが落ちました。今は貯金を切り崩しながら生活している状態です……」


お笑いコンビ『TKO』の木下隆行(48)が現状をこう明かす。昨年9月、後輩芸人の顔にペットボトルを投げつけるなどのパワハラが明るみに出て、所属事務所の『松竹芸能』から事実上の謹慎処分を受けた木下は、今年3月に松竹を退所。フリーとなってYouTubeに活動の場を移し、自身のチャンネル『木下プロダクション』を4月に開設した。そこで待っていたのは世間からの厳しい声だった。木下が当時をこう振り返る。


「初投稿の動画には38万人の視聴者が低評価ボタンを押しました。情けないですけど日本一らしいです。ぶっちゃけ、こんなに俺嫌われてたんや、と驚きました。後輩とは和解していましたが、世間はまだ俺を許していなかったんです。


自分がちゃんとお笑いに向き合っていれば、立ち上がれたと思うし、手を差し伸べてくれる人もいたはずでした。実際はペットボトルを投げたことによって、僕の黒い部分が次々と世間に出てしまった。芸との向き合い方や普段の行いを心から反省しました」


騒動後、自身に向けられる世間からのバッシングを受けて、木下が痛感したのは後ろ盾になってくれていた事務所の優しさだったという。木下はこう語る。


「松竹が自分のことをすごく守ってくれてたんやな、と感じましたね。今はやられっぱなしです。『吉本は面白さ、松竹は人の良さ』と言われるほど松竹って本当にアットホームな事務所なんですよ。けれど、その優しさが自分にはアカンかったみたいです」


フリーになった直後にYouTubeチャンネルを開設した背景には芸人としての〝性(さが)〟が働いていたのだという。


「やらかした芸人がYouTubeに進出する流れを最初に作ったのが『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんで、俺は完全に二番煎じ。芸人がダメになったからYouTubeに逃げてきやがって、と厳しい意見が多かったです。でも、事務所を辞めてすぐにYouTubeを始めたのは、芸人としてみんなの前から消えて忘れられるのが怖かったからなんです。俺はまだ元気で前を向いてやってるで、という姿を見てほしかった。結果的にその時期も内容もアカンくて失敗してしまいましたけど」


木下は日々寄せられる批判の声にめげずこれまで8ヵ月、動画投稿を続けている。閲覧者数は増えない。だが最近になって、「アンチ」の人々に対する考えも変わったという。


「最初は騒動とは関係ない人たちからこんなにも言われなきゃいけないのか、と怒りもありました。放っておいてくれよ、とも思いました。俺も悲しかったけど何より辛かったのはコメント欄に寄せられる言葉を俺の母親や娘が見たら、どう思うんだろうと考えたときでした。自分が情けなかったですね。


でも今となってはアンチも大切で、ありがたい存在です。騒動で俺のことを嫌いになって離れた人はたくさんいます。アンチは今も離れず、動画を見て辛しん辣らつなコメントをくれる。俺はそれをちゃんと受け止めて、ファンはもちろん、そうやってケツを叩いてくれるアンチのためにも頑張っていきたいと思っています」


木下の目は少年のようにキラキラと輝いていた。裸一貫からの再スタート。木下の復活劇はこれから始まるのか――。

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!