編集部おすすめ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!


USJ 任天堂エリア一部公開 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」開業は2月4日

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
通報 ウォッチ 80 0

 大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)は30日、任天堂のゲームをテーマにした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を2021年2月4日に開業すると発表した。また、USJは11月30日、新エリアの一部を報道関係者に初めて公開した。



【関連記事】「鬼滅の刃」興行収入275億円で「タイタニック」を超え歴代2位に!



 公開したのは、新エリアの目玉アトラクション「マリオカート ~クッパの挑戦状~」の一部。「マリオカート」は、スーパーファミコンからスイッチに至るまで任天堂の歴代ゲーム専用機で人気のレースゲーム。マリオやルイージ、クッパの各キャラクターがアイテムを使って加速したり、対戦相手を攻撃したりしながら1位を目指す。


 アトラクションでは、ゴーグル付きのヘッドセットを装着して最大4人乗りのマシンに乗車。拡張現実(AR)やスクリーン投影など最新の映像技術を通じ、ハンドルを回してドリフト走行をしたり、アイテムを使ったりして猛スピードのレースを体感できる。担当プロデューサーのトーマス・ギャラティさんは「(マリオを生み出した)宮本茂さんをはじめ任天堂の担当チームと協力し、数年かけてつくった。ここだけでしか味わえないマリオカートを楽しんでほしい」と話した。


 任天堂エリアは当初、東京オリンピック・パラリンピック開幕を前に2020年夏までに開業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期した。17年から建設を始め、アトラクションや飲食店、グッズ店を含む一大エリアになる。14年に開業した映画「ハリー・ポッター」のエリア(建設費約450億円)を上回る600億円超を投じた。


 テーマパークでの任天堂エリアは米国2カ所とシンガポール1カ所にも建設計画があるが、USJが世界初の開業となる。任天堂はゲーム事業との相乗効果を狙うほか、テーマパークなどでのキャラクタービジネスを強化する。

コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”モンスター級新人発掘オーディション” 映画ドラマ出演!新人俳優・女優オーディション開催中!