編集部オススメのオーディションはこちら!

(応募者には映画招待券プレゼント)


竹花貴騎は全てが虚像。“経歴詐称”で顧問弁護士退任 田端信太郎は新たな炎上ネタを持っている

投稿:オーディションリストニュース(NEWS)  
8251 通報 ウォッチ


“Google出身”は嘘。実際は業務委託で竹花貴騎が経歴詐称で炎上

Google出身をうたっていた竹花貴騎が、実際には「業務委託」だったことを告白。


竹花貴騎は、AIを活用した集客サービスなどを手掛けるLim株式会社の創立者で、「MUP」というビジネス系のオンラインサロンも展開しています。


ビジネス系YouTuberとしても活動しており、40万人近くのチャンネル登録者を集めています。




【PR】令和のシンデレラ発掘オーディション開幕!

(応募者全員に映画鑑賞券プレゼント)



竹花貴騎は、


「2013年頃よりGoogleオフィス(六本木ヒルズ)に常勤し業務委託として勤務しておりましたが、「出身」という表現は去年あたり全メディアにて訂正し告知しています。」


と、正社員ではなく業務委託として勤務していたことを明かしました。



竹花の告白後、SNS上では、業務委託が実際にはインターンではないかとの疑惑も浮上しました。


竹花は1992年6月生まれで、Google常勤を始めたとされる2013年には20~21歳という若さ。インターンシップでは雇用契約が業務委託契約となる場合があることから、実際にはインターンだったのではないかとの指摘も挙がっています。


山本一郎氏は、当時Google日本法人は業務委託自体していなかったとツイートしています。これに関しては異なる見解もあるようですが、Googleとは別の経歴にも疑問の声が上がるなど、竹花の経歴に首を傾げる人は複数いるようです。



批判の声は、Limの「MEO」サービスにも。MEO(マップエンジン最適化)は、Googleマップなどの地図エンジン向けに対策を施し、自社店舗の集客アップを目指すものです。


GMB.TOKYOは今年2月の時点で、LimのMEOサービスを批判。


「Limの「一番のウリ」である「Word Server Access System」は、Googleの検索サイトであたかもその情報が多数検索され、人からアクセスされていると思わせ、人気のある情報、知名度のあるお店と思わせ、その情報が有益であると思わせる施策をLimはとっている。当然これは、Google検索に対するスパム行為にあたる。」


の批判しています。






あわせて読みたい芸能記事→

石原さとみの結婚相手は創価学会のメンバーか 旦那を徹底調査

芦名星の死の原因を再考 「他殺の可能性と三浦春馬との熱愛も関係」

【再考察】竹内結子さんの死亡理由をさらに考察してみた 謎の一時間と金銭面の苦労とは

【画像あり】【再更新】炎上中の瀬戸大也の不倫相手について調査した。ジャニーズの妹でANAのCA、Twitterアカウントも発見??



コメント

    まだありません。

    関連オーディション

    ”令和第二弾”シンデレラオーデション開催中

    応募は <こちら> から 

    (応募者には映画招待券プレゼント)